MEMOGRAPHIX

sanographixの個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

ボバ・フェットのプラモを塗装剥げ練習台にする

最後のジェダイ・ショックを引きずったまま、ボバ・フェット作った。

f:id:sngrpx:20171226010246j:plain

スター・ウォーズ ボバ・フェット 1/12スケール プラモデル

スター・ウォーズ ボバ・フェット 1/12スケール プラモデル

f:id:sngrpx:20171226003156j:plainf:id:sngrpx:20171226003313j:plain
f:id:sngrpx:20171226004806j:plainf:id:sngrpx:20171226005252j:plain

例によって撮影ブースはないので机で撮った。可動範囲はあまり広くないが、再現度は抜群で、かなりそれっぽい。

パーツはそれほど多くなく、組むだけだったらすぐ終わる。楽しいのは塗装。といっても高度なことはできないので簡単に済むやつ。説明書の写真を参考に、アーマーの所々にガンダムマーカー(シルバー)で塗装剥げを描く(いわゆるハゲチョロ)。「ちょっと描きすぎたかな」くらいの剥げ具合でも問題ない。 また、デカールを貼った上からもシルバーを描くと自然な感じになる。

GSIクレオス ガンダムマーカー 塗装用 シルバー GM05

GSIクレオス ガンダムマーカー 塗装用 シルバー GM05

続いて、リアルタッチマーカーで服のシワに影を描き、服とアーマーに汚しを追加する。勘で色を乗せたあと、勘でぼかしペンや綿棒でなじませる。

GSIクレオス ガンダムマーカー AMS112 ガンダムリアルタッチマーカー セット1

GSIクレオス ガンダムマーカー AMS112 ガンダムリアルタッチマーカー セット1

仕上げに、ウェザリングマスターで砂ぼこりやサビっぽい汚れを表現する。少しは足しになったけど、不慣れであまりうまくいってない気もする。

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.79 ウェザリングマスター A (サンド) 87079

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.79 ウェザリングマスター A (サンド) 87079

最後にいつものツヤ消しスプレーを吹いて完成。

上記写真はほぼすべて成形色だけど、お手軽塗装だけでかなり見栄えがよくなる。楽しいキットだった。

Special Offer

既刊まとめて25%オフ

所属サークルの同人誌5冊をセットにした、お得なバンドル。

BOOTHで購入する STORES.jpで購入する