読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEMOGRAPHIX

sanographixの個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

またGTAV買ってしまった(3度目)

ゲーム

またGTAV買ってしまった(3度目)。

Grand Theft Auto V(日本語版)  [オンラインコード]

Grand Theft Auto V(日本語版) [オンラインコード]

Xbox360版を発売日に買って、それを売った金でPS4版をまた発売日に買って、この度それも売った金でPC版を買った。かなり無駄なことをしている気がする。けどPS4版買った当時はゲーミングPC持ってなかったから仕方がない。

PC版はそれなりにマシンスペックが必要と噂に聞いていたから覚悟していたけど、昨年買ったGTX 970で安定して60fps出ていて安心した。設定はそれぞれ「高」〜「超高」くらい。PS4版よりもフレームレートも精細度も上がって嬉しい。むしろこのゲームがPS3や360で動いていたのが不思議なくらいだ。

勿論、ただグラフィックを堪能するためだけに、こんなに同じタイトルを買い直しているのではない。オフラインしかやらないからストーリーモードだけに絞って書くけど、やっぱりゲームとしての体験の完成度、表現の巧みさが、ひとつの到達点だと感じるから、買い直してしまうのだ。基本、街を徘徊するゲームなので、そこまでどっと疲れるわけでもないし、ダラダラ遊ぶのにもちょうどよい。

買い物についていく

日記

友人の買い物についていく(自分はなにも買わない)機会が最近何度かあり、思いのほか体験が良かった。

買い物といえば孤独な闘いになることが多くて、もともと家族以外の他人と買い物に行くことは滅多になかった。だから、友達との数少ない買い物体験は、結構古いものもちゃんと覚えている。PCパーツ買いに行ったり、部活のラケット買いに行ったり、もっと古い記憶だと、近所の子と駄菓子屋行ったりとか。もし自分がもっとカジュアルに友達と買い物する暮らしだったら、今更買い物もいいなァと思うこともないと思う。

自分はなにも買わず、ただ他人がでかい買い物してるのを眺めるだけで、買い物が持つストレス解消効果を多少享受できるのが発見だった。自分の財布は痛まない(せいぜい交通費と外食費くらい)から、あれこれ気楽に助言できる。

祭りっぽいスケジュール

日記

自分のサイトや、(Illustfolio 4やその他プロジェクトをちまちま修正していた。特に告知してないけど、大抵のプロジェクトはリリースしてからも思いついたときに継続改善している。飽きたプロジェクトは放ってる。

夏と冬のイベントで本を作るときは、リリースの粒度が巨大で、祭りのテンションでおりゃあッと出す感じである(スケジュールも 祭りっぽいスケジュール になる)。一方、普段の継続改善は、粛々とこなす雰囲気で、それぞれで味わい方が異なる。 僕は祭りの空気にスッと馴染めないタイプというか、祭りを遠巻きに眺めるタイプなので、そういうのは若干肌に合わなさを感じている。人には向き不向きがあるんじゃ。そもそも徹夜ができない体質なので、祭りの前日に気合で超がんばる、みたいなスケジュールはダメで、粛々と一定のペースでやるほうがよい。

【追記:購入可能】「ウェブじゃない人のためのウェブデザイン本」という試みについて

Webデザイン 同人 作った

12/31のコミックマーケット91で頒布する『konel.mag Issue 5 』の新刊情報を公開した。

konel-works.com

2017/01/01 追記: 購入可能です

COMIC ZIN 各店舗・Web通販にて12/31より委託販売を開始しています。今すぐ買いましょう

裾野

本誌は、いわば「ウェブ じゃない人 のためのウェブデザイン本」である。

2年半konelで活動してきて、ようやく作るウェブの本なのだが、頃合いを見計らううち、ここまでかかってしまった。その背景として、日頃感じている「ウェブデザインの人気の低さ」がある。

続きを読む