SANOGRAPHIX BLOG

京都を拠点に活動する佐野章核 (sanographix) の個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

混まない嵐山、大河内山荘で庭園を満喫する

f:id:sngrpx:20191109150805j:plain

庭に行くとき、混んでないかを以前より気にしつつ出かける。好き好んで出かけておいて我ながら我儘だとは思うけど、混んでるとリラックスできないのだから仕方ない。

そんなことだから激混みスポット嵐山もしばらく行かずにいたのだが、地図を見ていたら大河内山荘(👉Googleマップ)を見落としていたことに気づいて行ってみた。

場所とか

場所は天龍寺の奥の竹林をちょっと行った先、トロッコ嵐山付近。竹林は超メジャー観光名所なので常に混んでいるが、門構えがかなり分かりづらいためか一歩敷地に入ると驚くほど空いていた。というかおれも過去何度もスルーしていて、現地に着いたら「あ〜ここ入れるの」みたいな気持ちになった……。

庭園

入口から少し坂になっている。坂を登る、つまり眺めが良いってことだろ、とかほんのり期待を抱いてひらけた場所に出ると、期待を裏切らない開放感がある。

f:id:sngrpx:20191109144815j:plain
めっちゃ広い、体感で天龍寺と同じくらいありそう

趣の異なる庭を細い園路で繋ぐような構成になっていて、普通に散策して30分〜1時間くらい。園路はまあまあ狭く一方通行のため、写真はテンポよく撮っていく必要がある。

f:id:sngrpx:20191109150505j:plainf:id:sngrpx:20191109150440j:plain

f:id:sngrpx:20191109150218j:plain
ひらけた景色もいいけど、こういう細い場所のほうが個人的には好き

庭園の始点(同じ場所に帰ってくるので終点でもよい)にお抹茶席ゾーンがあって、入場時にもらえるチケットで抹茶をいただける。ちなみに庭園全体の入場料は1,000円で、抹茶・お菓子付きとして考えると特別高くはない。

f:id:sngrpx:20191109152406j:plainf:id:sngrpx:20191109152550j:plain

f:id:sngrpx:20191109152529j:plain
抹茶は最後にいただいた。席から竹林が見えます

混んでない点で個人的プラス補正が大幅にかかってしまうのは事実だとしても綺麗な庭だった。紅葉が本格的になるともっと混むかもしれないが、それでも嵐山でここまで静かな場所は相当珍しいんじゃないですか。竹林のギラギラした観光圧(なんで竹林でギラギラした思いをしなければならないのか)を抜けた先に待ってるのもプレミアム感があって良い。

f:id:sngrpx:20191109151814j:plain

ログ

行った寺・庭・神社マップこういう感じです。こうして見るとそこそこ行ったような、まだまだ足りてないような、なんともいえない感じですね…。

f:id:sngrpx:20191111012620j:plain

Special Offer

既刊まとめて25%オフ

所属サークルの同人誌5冊をセットにした、お得なバンドル。

BOOTHで購入する STORES.jpで購入する