SANOGRAPHIX BLOG

京都を拠点に活動する佐野章核 (sanographix) の個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

ポートレート向けレンズ『XF56mmF1.2 R』で人物じゃなくスナップ用途に撮る

f:id:sngrpx:20191022142909j:plain

増税前にレンズ買った。富士フイルムXF56mmF1.2 Rです。ポートレートにピッタリな中望遠でとても評判が良いのだけど、おれ人物撮らんしなあ……と今までスルーしていた。ところがどっこい一度店頭で試した感触が忘れられず、いつのまにか手元にあった。

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

FUJIFILM 単焦点中望遠レンズ XF56mmF1.2 R

f:id:sngrpx:20191022142554j:plain
絞りリングの1.2表記がまぶしい

使ってみてわかったけどこの画角がスナップにめちゃめちゃしっくりきている。被写体とほどよく離れた距離から撮影できるのが合っているのかも。F1.2の強烈なボケで主役が引き立つし、ごちゃごちゃしてしまいそうな画面も丁度良く間引きしてくれる。実物以上にきれいに撮れてしまってびっくりすることもある。

f:id:sngrpx:20190924094821j:plain

f:id:sngrpx:20190923202639j:plain

f:id:sngrpx:20190924174042j:plain

f:id:sngrpx:20191020152742j:plain

もちろん明るいレンズなので暗いところでも臆せず撮れるようになった。ちょっと絞って使う余裕もある。

f:id:sngrpx:20191020151651j:plainf:id:sngrpx:20190923195523j:plain

f:id:sngrpx:20191005171620j:plain

このレンズ、意外と旅行に持っていくのも良いです。実際に大分旅行に持っていった。僕の使い方だと、旅行でも2度目の再訪とか、写真目的じゃない気軽な旅に持ち出すのが良い感じ。初めて行く場所はどこもかしこも新鮮だから広角で風景全体を収めたいのだが、毎度全景ばかりだと代わり映えしない写真が多くなってしまう悩みがあった。そこで再訪時にはXF56mmで違った視点から撮ってみようという魂胆。広角撮れるやつは、今年出た16-80mmF4が人気になっていて僕も買った。これもあとで感想書くかも。

f:id:sngrpx:20191022141601j:plain
X-T3にピッタリなサイズ感。AFが多少もたつくこともあるがX-T3ならAF速めなので全然アリです

反面あまり何も考えずに撮ってもそれっぽくなってしまいやべえとなる、そういう印象を持っております。

f:id:sngrpx:20191020154835j:plain

Special Offer

既刊まとめて25%オフ

所属サークルの同人誌5冊をセットにした、お得なバンドル。

BOOTHで購入する STORES.jpで購入する