MEMOGRAPHIX

sanographixの個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

FUJIFILM X-E3とXF23mmF2 R WR買った

カメラ買った。富士フイルムのX-E3

f:id:sngrpx:20180526152356j:plain

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3ブラック X-E3-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-E3ブラック X-E3-B

いままでカメラはニコンのD7000を5年ほど使っていた。性能にほとんど不満はなく、愛用していたが、段々と持ち出す頻度が減っていることに危機感があった。

こんなこと書いたら軟弱者と思われそうだけど、原因はただ1点「重い」ことに尽きる。D7000はレンズ込みで1kgを超えるし、撮りに行くぞと決めた時だけ持ち歩くようにしていた。ただし僕は出不精なので、ここしばらくは月に1回撮影する日があるかどうか、というレベルまで落ちてしまった。これではスキルも上達しようがない。なんとかしなければと、小型のミラーレスに興味を持ち始めた。

まさか自分が軽いカメラを欲するとは夢にも思わなかったが、持ち出さないカメラなど何の意味もないので悠長なことも言ってられない。

X-T20かX-E3か

もともと富士フイルムのカメラは外観が好みで、小型軽量モデルのX-T20とX-E3を検討した。

富士のラインナップはなんか面白くて、Xシリーズはエントリー機を除けばどれも同じセンサーが載っている。ということは乱暴にまとめてしまえば中級機のお買い得感が高く、あとは見た目や操作性の好みで選んで問題ないと思われる。

X-T20よりX-E3のほうが良いと思ったのは、まず軽いことに加えて、フォーカスレバーが便利な点、ボタン配置にゆとりがあり押しやすい(特にFnキー)点、EVFを覗いた時の画面切り替えがちょっと速いような気がした点。チルト液晶がないのは痛いが妥協した。

どうでもいいけどカメラ屋で物色しているとき、学校帰りっぽいJKがキヤノンの巨大な望遠レンズを構えているのを見てしまい、かっこよさにクラッと来てしまったけど、いやいやあくまで小型軽量のを探しに来たんだろと自分に言い聞かせた。

カメラを買うとご多分に漏れずアクセサリーをつけたくなる。赤いレリーズボタンを付けてみたけどかわいいと思う。

f:id:sngrpx:20180526153348j:plain
ストラップはD7000で使っていたDiagnlのニンジャストラップを流用。ミラーレスだと少し大ぶりか。

使った感想

2週間ほど使ったところ既に満足している。何よりも軽いのが良すぎる。フラッグシップに肩を並べる画質で、レンズ込みでペットボトル1本とほぼ同じ軽さなのだ。雑にリュックに突っ込んで毎日持ち歩いていて、当初の目的は達成された。

作例と呼べるかわからない写真をいくつか置いておく。レンズは XF23mmF2 R WR という単焦点。23mmは使い勝手が良い。

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

f:id:sngrpx:20180503153141j:plainf:id:sngrpx:20180526115729j:plain

f:id:sngrpx:20180526115915j:plain

f:id:sngrpx:20180526112246j:plainf:id:sngrpx:20180526130337j:plain
f:id:sngrpx:20180511205019j:plainf:id:sngrpx:20180503160524j:plain

f:id:sngrpx:20180526121843j:plain

ニコンを使っていたからか、富士フイルムは結構こってりした色に仕上がるなと思った。ビビッドな色は好みだし、むしろLightroomで補正する手間が省けてラッキーに思っている。まあカメラ側のフィルムシミュレーションなどで調整できるのだが。

そのフィルムシミュレーション、結構使えるし面白い。特にモノクロのACROSは、家のなかで適当に撮っても「なぜかいい感じに見える」率が高く、なにかと誤魔化しが効きそうに思った(ひどい)。

f:id:sngrpx:20180526094250j:plain
適当に撮ってなぜかいい感じになる例

実際の撮影ではいちいち細かく設定していられないので、ユーザープリセットをあらかじめ登録しておくのが基本的な使い方。で、X-E3はX-T2やT20とソフトウェアの設定項目がかなりの点で共通しており、インターネットでちょっと検索したら出てくる「X-T2用おすすめ設定」みたいな諸先輩方のお得情報がそのまま使える。僕も有り難く参考にさせていただいた。

そのほか、感想を箇条書きでまとめる。

  • EVFは日差しの強い屋外で見やすくて便利。室内や暗いところではファインダー覗かずに撮影するようになった
  • フォーカスレバーが最高便利
  • タッチパネルの反応が悪いので僕はほとんど使っていない。期待しすぎるとがっかりするかも
  • レバーひとつで全自動モードになる機能があり、他人に渡して撮ってもらうときに便利そうだった(まだ試してない)
  • SDカードをUHSスピードクラス3のものに変えたところ、手持ちのSDカードよりも明らかに高速に読み書きできた。速度に不満のある方は意外と見直してみるとよいかもしれない。
  • バッテリー持ちは普通だと思う。念のため異常な安さのサードパーティ製バッテリーを持ち歩いている。ロワジャパンはルンバのバッテリーでお世話になって個人的には信頼がマックスになっている。

  • 充電器も2個同時に刺せる怪しげなやつ(これも異常な値段)を買った。余談だけど純正充電器は「充電中は緑ランプ・充電完了でランプが消える」という誤解を招く仕様になっていて、これは「充電中は赤ランプ・充電完了で緑ランプ」の表示なのでわかりやすい。


世間的にはサブカメラ用の人気が高いようだが、僕の使いかただとメインカメラとして充分務まる。あとミラーレス何もかも新鮮で楽しいですね。

Special Offer

既刊まとめて25%オフ

所属サークルの同人誌5冊をセットにした、お得なバンドル。

BOOTHで購入する STORES.jpで購入する