SANOGRAPHIX BLOG

京都を拠点に活動する佐野章核 (sanographix) の個人ブログ。日記、webデザイン、読書、写真など。

MacBook Proをまともに充電できるUSB-C充電器、Anker PowerPort Speed 1 PD 60が遂に出た

f:id:sngrpx:20190518130410j:plain

MacBook Proの充電器は大きくて重いので、帰省や出張に持っていくにはかなり大変だ。MagSafeからUSB Type-Cによる給電に変更になると知ったときには、これからは市販のUSB充電器だけに荷物を減らせるのかと夢膨らませたものだが、実際にはコンパクトなType-C充電器では出力が足りず、未だに重い純正充電器を持ち歩くはめになっていたのだった。

普段使っている15インチのMacBook Proを充電するには、少なくとも60Wは出力が欲しい。この条件を満たす充電器はこれまで選択肢が少なかったのだが、Ankerから60W対応のUSB-C充電器が発売された。

サイズ感

f:id:sngrpx:20190518131032j:plainf:id:sngrpx:20190518131148j:plain
15インチ純正と比較。ひとまわり小さいのがわかるはず。この「ひとまわりの差」がでかい。一方で厚みはそれほど変わりません

15インチ用純正充電器と持ち比べると、格段に軽量・コンパクト。特に重さが全然違う。純正は87W出力できるぶん、約300g*1と非常に重いのだが、本機では60W出力に落ちるかわりに重さは約157gと半減くらいに改善する。出力が下がってなにか問題あるかというとそうでもなく、充電時間が特別遅いとも思わない。個人的なことをいえば、普段は外部ディスプレイからUSB-Cで給電しており、その出力も60Wなのだが、特にそれで問題を感じたことはない。

ちなみに13インチのMacBook Pro充電器と比べると、大きさも重さもそこまでインパクトはなく、13インチユーザーはわざわざ買い換えるメリットは少ないといえる。値段はだいぶ安いから壊れたときの買い換え先としてはよさそう。

ほかのと比較

USB-CのほかにUSB-Aのポートもくっついてると嬉しいな〜と思って探したものの、意外といいのがない。

とりあえずは1ポートの本機で我慢するかなと思った次第。

ついでにケーブルも

f:id:sngrpx:20190518130526j:plain
ケーブルも新調。できるだけ身軽にしたかったので短めのケーブルを選んだ

Mac付属のUSB-Cケーブルは硬いし表面がなんかベタベタしてくるし、あまり使い勝手がよくない。僕はケーブルもセットで買いました。充電用ならUSB PD対応と書いてあるやつでOKなはず。(USB-Cとにかく仕様がややこしくてちゃんと把握できてない)

実質充電専用ケーブルとして使うので、ほかのと見分けやすいように赤にした。

手元の環境では、以上の充電器とケーブルとMBP 15inch (2016)の組み合わせで、60Wで充電できることを確認しました。

*1:Appleのサイトを見ても重さの仕様が書いておらず、複数のブログの計測結果を参考にした

Special Offer

既刊まとめて25%オフ

所属サークルの同人誌5冊をセットにした、お得なバンドル。

BOOTHで購入する STORES.jpで購入する